RECOMMEND

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10月の獣医師勤務表 | main | 開院9周年!ありがとうございます。 >>
新機器導入

毎年これくらいの時期になると病院運営の面で悩むのが医療及びその他の機器の導入です。

欲しい機器は沢山ありますし、病院として常にレベルアップを目指す私としては毎年1〜2台ほど

計画的に購入するようにしています。

ま、昨年は人も多かったので、大半は人件費に回して小物になりましたが、今年はきちんと経営者としての

ノルマをこなしたいところ。手術関連として、検査系、スタッフが楽に効率良く仕事できるように、そして患者様向け、

いろいろな方向性があります。特に最近は手術件数も増え、しかも紹介含めてハードな症例も多いし、自分も体力が

落ちてきていますので、手術が安全スピーディーに行えて楽になれるものを購入したいところですが、、、、

最終的にはやはり患者様向けとスタッフ向けに資源投入と決断して機器を導入しました。

 

まずは、自動分包機

IMG_5255.JPG

コンパクトで静かな上にスピードも早く、また印字ができるので効率も上がるし患者様にも

分かりやすい表示となるはず。慣れるまでは、あれ!?なんて感じもあるようですが、切り分けたり

投薬スケジュールを書いたりする手間が省けるので、スタッフにも患者様にもお役に立てるかと期待しています。

 

そしてもう一つは、本来の患者であるペットさん向け。

温度湿度、酸素濃度を設定通りにコントロールするICUケージ。

タッチパネルで操作も簡単なので、従来以上に安全確実に管理できますし、細かなチェックの部分でやはり担当する

スタッフの労力が少し軽減されて、ケアにかける時間を増やす事ができるでしょう。

IMG_5285.JPG

ICU(集中治療用)ケージは、あまり使う事がないのが一番ですが、、、いざという時には心強い。

 

そして、中古ですが、超音波検査機器のポータブルタイプ。

一応、カラードプラまでついています。

IMG_5286.JPG

コンパクトなので細かい診断には向きませんが、慣れればかなり使えます。

これで3つの診察室全てに超音波検査機が入りましたので、気になったらすぐ!移動もないので動物のストレスも

少ないですし、患者様も一緒に見られるのでインフォームドの面でも有用です。

 

もちろん奥の部屋にはより高画像のハイエンドモデルの超音波検査機がありますので、しっかりとした

検査や診断が必要な場合はお預かりしてキチンと検査を実施しますので、ご安心ください。

しかし、一次診療病院でエコー4台ってある意味ゴージャス!?。でも、ペットと飼い主さんの気持ち、そして効率を考えると

エコーの有用性は非常に高いと、自身は考えています。

 

今年はこれでお終いって思ってたら、開業時から使用してた検査機器がダウン、、、、むむ〜。

また悩み事が一つ、、、

 

 

 

oceanahp | Information | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://diary.ocean-ahp.jp/trackback/1287503
Trackback